ニキビが化粧水で悪化したと思ったら…どうしたらいいの?

ニキビが化粧水で悪化したと思った時の対策法

ニキビ8
ニキビは多くの人が羅漢する症状であり、人口の9割以上の人が経験する肌トラブルとも言われています。多くに場合は、特に何もしなくても時間が経過すると綺麗に消えていくという場合が多く、慢性化することはないと言われています。しかし中にはニキビが長期化してしまったり、悪化してしまったりして、炎症を起こして赤みがひかなくなる場合もあるでしょう。またニキビ跡が残ってしまい、色素沈着を起こしたり、クレーターができたりしてしまうこともあるのです。またニキビが悪化する原因の一つとして、化粧水選びがあるでしょう。化粧水には様々な成分が含まれているので、自分の肌質と合うものを選ばなければ、ニキビケアに効果があると言われている化粧品でも肌に合わず、使用を続けるとニキビが悪化してしまうこともあるのです。今回はニキビが化粧しで悪化したと思った時の対策法について考えてみましょう。

 

【症状から原因を追究していくことが大切である】

ニキビと一言でいっても、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビなど様々な種類があります。また赤みがあるもの、腫れがひどいものなど症状にも違いがみられるので、症状によってそのニキビができてしまった原因を探ることが大切です。ニキビは思春期に起こるホルモンの過剰分泌が原因になるだけでなく、日焼けなどの乾燥によって、皮脂分泌が増えて、毛穴が詰まりやすくなったり、ストレスや偏った食生活によって肌の状態が悪くなり、ニキビができやすくなったりする場合もあるのです。その原因によって、対処法も異なってきますので、今できているニキビはどうしてできてしまったのかをきちんと知っておくことが、悪化させないための方法とも言えるでしょう。

 

【化粧水を選ぶときには、きちんと含まれる成分を確認すること】

ニキビケア専用の化粧水の種類は非常に豊富でどれを買っていいのか悩んでしまうことも多いでしょう。まずは購入する前に、その化粧水には何が含まれているのか成分を確認することが大切です。ニキビケア商品にはアルコールなどの刺激性のある成分が含まれる場合もあります。肌の状態が悪く、荒れていると、少しの刺激性のある物質でも肌が荒れる原因にもなりますので、きちんとチェックするようにし