ビタミンC誘導体がニキビ化粧水成分への効果とは?

ビタミンC誘導体がニキビ化粧水成分に使われる効果と理由

ニキビ化粧水だけでなく、多くのスキンケア商品に含まれている成分と言えば、ビタミンC誘導体ですね。このビタミンC誘導体がニキビ化粧水の成分に使用されている効果と理由についてお話しましょう。
びたみん

【ビタミンC誘導体はどのような働きがあるの?】

昔のスキンケアの主流は、肌にクリームなどの油膜を張ってバリア機能を高めることで、肌から水分蒸発をするのを防いでいました。しかし最近では、肌に浸透させた化粧水成分の中に有効な物質を多く含ませて、肌の内側の奥深いところまで浸透するように働きかけることで、ダメージを負った肌を健康的な状態によみがえらせることができると言われています。ビタミンC誘導体は、ビタミンCが肌の奥深くまで浸透しやすくするための物質になります。ビタミンCは肌によいとされる物質として、一般的であり、美肌、美白効果に優れています。また体内に発生した活性酸素を除去する抗酸化作用が強く、高いアンチエイジング効果が期待できるのです。またコラーゲンの生成を促進させる働きもあるので、肌質を健康的に改善させ、ニキビのできにくい状態へ導いてくれるのです。

 

【ビタミンC誘導体が含まれているとどうしてニキビができにくいの?】

ビタミンC誘導体は、安定性が高いので、ビタミンCの効果をしっかりと発揮することができると言われています。また肌に浸透しやすく、紫外線などによってダメージを受けた肌細胞やDNAなどにもダメージが起きないように工夫されています。せっかくニキビ化粧水をつけるのであれば、肌にしっかりと有効成分が浸透しなければ意味がありませんよね。保湿はもちろんのこと、有効成分を取り込むことで、トラブルを起こしがちな敏感肌から、丈夫な健康肌へと生まれかわることができるでしょう。

 

【ビタミンC誘導体の効能は優れている】

ビタミンC誘導体の効能としては、コラーゲン生成促進、皮脂分泌抑制、活性酸素の除去、ニキビによる色素沈着の防止、毛穴の引き締めなどの作用もあります。これらの効果を期待すれば、ニキビのできにくい肌質へと改善できるでしょう。