ニキビ化粧水に乳液が必要な人、いらない人

【解決】ニキビ化粧水に乳液が必要な人、いらない人

乳液は皮脂の役割を刺せて、肌を保護するバリア機能がある液体になります。油分をプラスする働きがあるので、乾燥しがちの肌質には欠かせないスキンケアアイテムと言われています。ニキビができてしまう肌は皮脂分泌が過剰になっているケースが多く、そういった場合に乳液をつけてしまうとべとべとになってしまうのでは?ニキビが悪化してしまうのでは?と感じる人もいるでしょう。ニキビ化粧水に乳液が必要な人と、いらない人がいますので、それぞれのニキビができている原因や、肌質に合わせて使用するかどうかを決めていきましょう。
ニキビ6

【乾燥が原因の大人ニキビには乳液をつけておこう】

大人になってからできるニキビは、乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌してしまい、毛穴に皮脂が詰まってニキビができるといった症状が多く見られます。この場合、乾燥している肌質を改善してあげれば、皮脂分泌は正常になりニキビができにくい状態に戻すことができますので、乳液を使用して乾燥を改善するようにしましょう。またストレスや生活の乱れで起こる場合も、肌の状態が悪くなっているので、保湿を行うことで健康的な状態へと改善できるでしょう。

 

【真のオイリー肌の場合乳液は必要なし】

乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されているわけではなく、もともと皮脂分泌が多いタイプの人や、思春期ニキビで男性ホルモン分泌が活発な場合に起こるニキビには、乳液は必要とないと言われています。テカテカの肌に乳液をつけてさらに油分を与えてあげると、ニキビが増えてしまったり、悪化したりする原因にもなりますし、毛穴が目立つこともあるでしょう。

 

【混合肌の場合には、乾燥している部位にだけ乳液をつけよう】

乾燥肌とオイリー肌が混ざった混合肌のタイプの人は、真のオイリー肌ではありません。バリア機能が低下してしまって、皮脂が過剰に分泌されているケースが多いので、乾燥している部位には乳液をつけるのが望ましいといされています。乾燥している部位にだけ乳液で保湿を行うと、テカリがひどい部位の皮脂分泌を抑えることにもつながるでしょう。