ニキビ化粧水なら

間違わないお肌によいニキビ化粧水の塗り方

ニキビ1
化粧水はコットンでなじませるのがよいのか、手でつけるのがよいのか、どちらがより効果的に保湿を行えるのか意外とみなさん知らないものなんですよね。また化粧水には多くの種類があるので、自分にぴったり合うものを選ばなくてはなりません。近年ではニキビ用の化粧水も多く販売されており、ニキビに効果があるとされるハーブや漢方などの成分を配合したものが人気を集めています。通常の化粧水に比べても、脂っぽさを抑制することができ、乾燥肌が原因でニキビができる場合には、保湿成分が含まれるものを選ぶようにしましょう。またつけ方に関しても間違った方法で行うと、効果が半減してしまいますので、きちんと確認するようにしましょう。

 

【ニキビ化粧水を塗る前にはまずは洗顔して清潔な状態にしよう】

ニキビに効果的な成分が含まれているニキビ用化粧水ですが、洗顔せずにそのままつけてしまうと、皮脂など汚れがついてしまう場合もありますので、優しく洗顔していくようにしましょう。またニキビができている部位はこすらないように心がけましょう。こすることでニキビがつぶれて、色素沈着を起こしやすくなると言われているのです。

 

【ニキビ化粧水は何回かに分けて塗ると便利】

化粧水はケチらないでジャブジャブ使用するのがよいと言われている子供さんも多いでしょうが、ニキビ化粧水の場合は、少量ずつを手に取って5〜6回に分けて使用するのがよいと言われています。お風呂上りにすぐに付けなければ、肌の乾燥はどんどん早まるので、化粧水をつける時間帯としてはお風呂上りの5分程度にしておくとよいでしょう。

 

【化粧水だけでなく、乳液を使用することによってよりニキビに効果があると言われている】

化粧水は肌に水分補給させるためには必要不可欠ですが、化粧水にプラスして乳液も塗ることでより保湿効果が長続きすると言われています。乳液や化粧水はたくさん塗りすぎてしまうと、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまうので、喧嘩をするとニキビの原因がわからないと言われています。

ニキビって化粧水だけで大丈夫?

ニキビ3
ニキビができた時、どのようなスキンケアをするのがよいのか迷ってしまいますよね。特に化粧水はどんなものを使ったらよいのか?乳液は使った方がよいのか?など悩みは尽きません。ニキビができてしまう原因として、皮脂分泌が過剰になってしまうケースがあります。このような場合には化粧水だけを使用する方がよいと言われています。ニキビができる原因によって、スキンケアの方法も異なってくるので、ニキビができてしまう原因を追究することが大切です。

 

【オイリー肌でニキビができる場合は化粧水だけでOK】

ニキビができる理由の1つとして、皮脂分泌が過剰になってしまうケースがあります。特に思春期ニキビは、ホルモン分泌が増えてしまい、皮脂の分泌が活発になるケースが多いため、肌が脂っぽくオイリーな状態になる場合があります。このような肌質の場合には、乳液など油分を多く含むスキンケア商品を使ってしまうと、さらに肌が脂っぽくなり皮脂分泌が悪化することも考えられますので、化粧水だけを使用した方がよいでしょう。

 

【乾燥が原因で起こるニキビには、乳液を使用してしっかりと保湿を行おう】

大人になってからニキビが多発してしまう場合、乾燥が原因で起こるケースが多いと言われています。乾燥している肌は、バリア機能が低下しており、乾燥を防ごうと、皮脂分泌が増えることがあります。肌の状態が悪くなっているので、毛穴も閉じやすくなっており、その状態で皮脂が過剰に分泌すると、毛穴に皮脂がたまりやすくなりニキビができやすくなってしまうのです。またストレスや、睡眠不足が原因で起こるニキビも、肌の状態が正常でない場合が多いので、しっかりと保湿を行い、肌を健康的な状態に導いてあげることが大切になります。乾燥しがちの肌には、乳液を使用して油分をプラスし、保湿効果を高めていきましょう。

 

【オイリー肌でも部分的に乾燥している場合には乳液をプラス】

最近では、オイリー肌と乾燥肌が共存している混合肌が登場してきています。この混合肌も元は乾燥が原因で起こり、乾燥を防ごうと皮脂が過剰に分泌されているケースが多いのです。混合肌には、乾燥している部分にのみ、保湿をしっかりと行うようにしましょう。

ニキビ化粧水が浸みる、ピリピリ痛い時の敏感肌対策

ニキビ5
ニキビ化粧水にはニキビに効果的な成分が含まれているので、低刺激のものに比べると、刺激が強く、しみたり、ピリピリ痛みを感じたりする場合もあるかもしれません。ニキビができていない通常の肌が、ニキビ化粧水を使ってしみたり、ピリピリ痛いと感じたりした時は、肌が敏感になってしまっていることが考えられます。肌が敏感になって、バリア機能が弱っていると、刺激のある化粧水をつけると肌トラブルを起こしてしまう場合もあるのです。ニキビ化粧水はニキビの治療には非常に効果的で、ニキビ予防にもつながるのですが、その化粧水をつけて肌トラブルを起こしてしまっては意味がありません。まずは敏感になっている肌質を保湿などを行って改善してあげることが大切で、肌の調子がよくなったところで、ニキビ化粧水を使用するとよいでしょう。

 

【ニキビ化粧水を使ってピリピリ痛みがある場合は使用を中断しよう】

ニキビ化粧水を使って、肌がしみる場合には、その化粧水が自分の肌質にあっていない可能性が高いです。肌が弱ってバリア機能が低下してしまっている場合には、シンプルなスキンケアを行うようにしましょう。肌が荒れている状態は、角質が乱れていることになるので、表面のバリア機能は非常に弱くなっています。バリア機能が低下していると、免疫力や抵抗力が低下してしまうので、少しの刺激でも肌への負担が大きくなってしまいます。また水分を多く含んでいる化粧水は刺激になりやすいと言われています。化粧水がしみるときには、油分を多く含むクリームやワセリンなどを塗って、肌の状態を整えましょう。

 

【バリアが低下している場合には洗顔のしすぎに注意が必要である】

ニキビができると、皮脂が可能に分泌されて顔が脂っぽくなるので、ついつい洗顔料で洗いたくなると思います。バリア機能が低下してしまった肌は洗顔をしすぎている場合が多いので、肌状態をよくするために、洗顔しすぎないことに注力するようにしましょう。

 

 

ニキビ化粧水に詳しいサイト

ニキビ 化粧水について非常に詳しくレビューも豊富なサイトです。
視点が面白く 楽しく大人ニキビについての知識をゲットできます。

 

CHECK IT!!